RCO presents 日本橋ハーフマラソン 本戦 (オープン)

RCO presents 日本橋ハーフマラソン 本戦 (オープン)


日本橋ハーフマラソンとは

  • (株)リクルートコミュニケーションズ(RCO)が主催するプログラミングコンテストです。予選のページはこちら 本戦のページはこちら
  • 当コンテストは予選・本戦の2回行われます。本戦は、予選の上位の参加者を招待し、オンサイトイベントでの実施となります。ここは、本戦と同じ時間で同じ問題に取り組む、オープンコンテストのページです。
  • RCOのエンジニアがいるオフィスの所在地は、東京都中央区日本橋です。
  • Writer: tomerun, uwi
  • Tester: iehn, shiratty8, kenkoooo, dpforest
  • ハッシュタグは #rco_procon でお願いします!

日時

2017年3月20日(月・祝) 14:30-18:30 14:00-18:00 (4時間)


ルール

問題は2問です。AtCoderで使用できるすべてのプログラミング言語を使用可能です。

2問とも、解答の完成度に応じてスコアが付く、いわゆる"マラソン形式"の問題です。

誤提出・再提出のペナルティはありませんが、解答を提出する際は、CE以外の結果となった前回の提出から5分以上の間隔を開ける必要があります。提出時間の制限は問題ごとに別々に適用されます。

ローカル環境でのテスト用に、次のツールを用意します。使用方法等は問題文中に記載します。これらのソースコードを解答に流用してもかまいません。

  • テストケース生成やスコア計算を行うテスタープログラム(Java8ソースコード)
  • ビジュアライザ(HTMLとJavaScript)

問題の情報を少し公開します。

  • A問題
    • 回答プログラムと採点プログラムが何度かやり取りを行う、インタラクティブ形式の問題です。この形式の問題の経験がない方は、過去のインタラクティブ形式の問題を参考にしてください。例:ABC019 D問題
    • グラフィカルにしづらい問題内容なので、ビジュアライザはありません。そのかわりに、テスターがデバッグ用のログを出力します。
    • 時間制限は2秒、メモリ制限は1024MB、テストケース数は50個です。
  • B問題
    • 形式は予選の問題と同様です。
    • ビジュアライザ、テスターを提供します。予選の問題と同じような使い方です。
    • 時間制限は4秒、メモリ制限は1024MB、テストケース数は30個です。

順位付け

  • まず、各問題でのスコアに基づいて、A問題だけでの順位とB問題だけでの順位を決めます。
    • スコアが同じ場合は同順位とします。提出時間は順位には影響しません。
    • 解答が未提出の問題は、その問題のスコアを0点とみなして順位をつけます。
  • A問題での順位+B問題での順位」が小さい順に上位になります。
  • ここまでで決まらない場合は、「min(A問題での順位, B問題での順位)」が小さい順に上位になります。
  • それでも決まらない場合は、同順位とします。

順位表ページにこの順位付けルールを反映させるユーザースクリプトを提供します。

使用する場合は、次のリンク先を参照してインストールしてください。 https://gist.github.com/tomerun/6be64900c4d20952438dd86223950ea4

注意事項

  • コンテストは個人戦です。2人以上で結託し、解答する行為は禁止しております。
  • コンテスト終了前に、問題の内容や解答を公開する行為は禁止しております。

結果

コンテスト終了後、ここに結果を置きます。